中学受験向け通信教育の効果を上げるための方法を紹介

夏休みに体験したい小学生向けプログラミング教室

通信教育で中学受験勉強をしている人にとって、夏休みは勉強のモチベーション(やる気)を上げるチャンスです。小学生向けの体験教室などが各地で行われるからです。

 

塾で夏期講習漬けになってしまっていると、こうした体験教室になかなか参加することができません。通信教育生ならではのメリットといえます。

 

体験教室の中でも最近はプログラミング教室が人気です。
どんなところが人気の秘密なのか探ってみました。

 

プログラミング教室が人気になっている理由

小学校でも授業にプログラミングが導入されることになりましたが、このことがプログラミング教室人気の理由ではありません。

 

プログラミングを通して思考力、論理力が身につくことが人気の秘密です。
このことは中学入試の出題傾向とマッチしているのです。

 

最近の中学入試問題は知識の量を問うものよりも、柔軟な発想や論理的に考える思考力を問う問題が増えてきています。上位校は特にそうです。

 

ところが、こうした「考える力」は机上の勉強ではなかなか身につかないものです。
自らの体験を通して工夫したり、考えたりすることで身につくものです。

 

プログラミングがまさにそれ。
あれこれ自分で考えて工夫するのがプログラミングの醍醐味だからです。

 

夏休みの体験にオススメのプログラミング教室は?

プログラミング教室はいくつもありますが、「中学入試に役立つ考える力を身につける」という観点でオススメなのはロボット教室です。

 

画面の中のキャラクターではなく、目の前のロボットを動かすプログラミングを学びます。自分の命令でロボットが動き出すと、どの子も感動するそうです。

 

この感動がアレコレ考えようとするモチベーションに変わります。
次はこうしたいと考えて工夫することで「考える力」が身につくのです。

 

自宅でもインターネットでプログラミングを体験できるものもありますが、こうしたものはハマりすぎてしまうと、中学受験勉強がおろそかになる危険があります。

 

その点、ロボット教室は教室で体験するものになるので、自宅で夜遅くまでプログラミングをするようになり、勉強をしなくなったという心配がありません。

 

夏休みの体験教室は人気なので、興味のある方は早めに予約してみてください。

中学受験勉強向けイチオシ

関連ページ

中学受験勉強に役立つ時事問題(1)子どもの数
時事問題を勉強することは中学入試に役立つだけではありません。通信教育だけで勉強していると視野が狭くなりがちなので、時事問題の勉強をするのが効果的です。身近な問題を考えることで、勉強していることが実社会にどのようにつながっているかが感じられ、勉強のやる気がアップするからです。
中学受験勉強に役立つ時事問題(2)大統領選
2017年5月にフランス、韓国、イランで大統領選挙が行われました。中学入試では時事問題に関連した出題は定番です。通信教育で勉強している人は時事問題への対策がおろそかになりがちなので、しっかりフォローしておきましょう。